千葉県でわきが治療を受けるなら慎重に選ぼう

どのクリニックでもいいというわけではありません

どのクリニックでもいいというわけではありません / わきがの悩みを改善する / あの臭いの原因

わきが治療は、どのクリニック・病院でもいいというわけではありません。
私は千葉県のクリニックでわきがの手術を受けました。
切開手術でアポクリン汗腺をすべて取り除いたため、今では脇の下に汗をかくことがなく臭いもしません。
わきが治療には、「切開手術」と「ボトックス注射」の2種類があります。
切開手術はその言葉通り、脇の下を切開して臭いの原因であるアポクリン汗腺を取り除く手術です。
これはどんなレベルのわきがにも効果的なのですが、傷跡が気になるという人もいるようです。
ボトックス注射は、ボトックスを注射することで脇の下に汗をかきにくくして臭いを抑えようという治療方法だといいます。
注射なので傷跡はできませんが、定期的に病院やクリニックへ通って注射を打たなければいけないので大変です。
私はボトックス注射よりも、切開手術で一度に取り除いてしまった方が楽になる、と考えて手術を受けました。
手術は部分麻酔をして、そこを切開してひとつひとつアポクリン汗腺を取り除いていくのですが、意識ははっきりとあるので正直いうと手術中はちょっと暇だなと感じたのを覚えています。
医者と話をするときもあったのですが、きちんとアポクリン汗腺を取り除いてほしいので途中からは話さなくなりました。